BLOG

寺家

今日も一日笑顔で、ご安全に!

東広島市寺家駅周辺地区

寺家駅ができて開発工事が進むエリア。

新しい住宅、マンション、店舗などいろいろできてます。

今日の現場も目の前で工事してました。

寺家

寺家駅周辺

工事現場では鉄骨組み立ての作業中でした。

重量物の鉄骨をクレーンで吊り、柱材や梁材をボルトで連結していきます。

地上で鉄骨にワイヤーを掛ける鳶さん。

鉄骨を吊って運搬するクレーンオペレーター。

運搬された鉄骨を荷受けし組み立てる鳶さん。

クレーンオペレーターと無線で指示合図をだす親方。

 

みんなが作業手順を守り、安全作業に徹する。

緊張感あります。

そこに楽しく和気あいあい、なんていう雰囲気など毛頭ない。

危険作業だから。

足ふみはずしたら墜落事故、鉄骨に接触したら挟まれ事故、鉄骨が落ちてきたら落下事故、

クレーンが傾いたら転倒事故など・・・

でも、

できて当たり前のこと。

 

自分勝手な行動や判断はできない。

危険な状態はないか周りの人にに気を配りながらの作業。

考えるよりまず行動するタイプの人間は要注意人物です。

そこには必ず人間同士の意思疎通が絶対的に必要。

そんな彼らは誰よりも仕事的コミュニケーション能力、ハイスペックです。

 

「関係者以外は立入禁止」

一般の人は現場に入れないので職人のリアルがみえにくい。

 

職人さんが第三者から直接「ありがとう」といってもらえる事は少ない世界だと思う。

私はそういうところが一番残念に思います。

誰でも「ありがとう」って言われたら、うれしいものです。

なんか認めてもらえたような、期待されてるような

自分のしている事の価値を感じるというか。

 

私は、お客さんの所で仕事をしお金を貰える。

「ありがとう」っていってもらえて笑顔になる。

お茶までいただけることもある。

たまに仕事の打ち合わせなんかでカフェを利用していると、

なんてキレイな仕事をしているんだとおもう。

 

現場で働く人たちに「ありがとう」がたくさんみえる世界になったらいいな。

 

建設業だけではないが、技術者不足は緊急事態だ。

どこの会社も職種も「ありがとう」いっぱいの世界になれば、若い子がたくさん入ってくると思う。

きつくて、きびしい世界だけど、若い子が自分の仕事の価値にきずける世界なら笑顔で乗り越えられると思うし。

今の若い子に昭和の稼ぎたいというギラギラした時代の価値観は無くて、

人の役に立ちたい、みんなが承認しあえるキラキラした価値観だと思う。

 

情報があふれていく世の中で、人は自分の好きな人、好きなものに囲まれていくように

選択していくことでしょう。

好きなことを自分で選べることは幸せなことだし、本来の生き方だと思うし、そうあるべきだと思います。

 

「今日も一日笑顔で、ご安全に!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 21.3.25(2)
  2. ブログ作成
  3. 21.4.18
  4. 21.3.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP